• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

バンガード vanguard alta pro 263agh

VNGUARD(バンガード)Alta Pro 263AGH カメラ用三脚。

初めてのピストルガンタイプのGH-100雲台と合わせて評価レビュー。

oremono

バンガード vanguard alta pro 263agh

VNGUARD(バンガード)

Alta Pro 263AGH

アルミ三脚のAlta Pro 263 ATと、ピストルグリップ雲台のGH-100を組み合わせたもの。

3段 アルミ製

最伸高 1,730mm

縮長 715mm

重量2.65kg

 

ピストルグリップの自由度、3段階の開脚に加え、センターコラムを引き出しポジション設定することで、多彩なアングルで撮影が行えます。

 

バンガード 三脚 評価

付属のケースには、雲台付きのままで収納できます。

スマホは、大きさ比較用。

eibin_001_03

MACC(マルチアングル・センターコラム)システムという、センターコラムが0°(真下)から180°(標準位置)まで自在に調整ができるので、普通の三脚にはできないアングル設定ができます。

 

バンガードalta pro 263agh三脚

センターコラムを引き出しポジションを設定するこることで、普通の三脚ではできないアングルから撮影ができる。

 

これなら、テーブルの上の料理を真上から撮影することができます。

eibin_001_05

更に、開脚させることでによって、地面すれすれのローアングルの撮影も可能。開脚角度は3段階の設定(25°・50°・80°)が可能

これなら、走り回る愛犬を同じ目線で撮影することができます。

植物の撮影にも威力を発揮しそうです。 eibin_001_06

今までは、できなかったアングルが可能になることで、創作意欲が沸いてくる三脚だと思います。


脚の先端についている樹脂パーツを回転させることで、金属製スパイクが出てきます。eibin van1

脚調整は、レバーロックで操作性が良いです。

クイックシュー。

はめ込み口には、水平器がついています。

 

ピストルグリップ雲台のGH-100。

バンガードalta pro 263agh三脚

被写体をグリップを握って狙うことができるガングリップ。

狙うという言葉がぴったりのスタイルです。

グリップのトリガーは、少しきつめなので握力が必要ですが、許せる範囲。

とにかく片手だけで調整が行えるので使い勝手が良いです。

グリップ自体も360度回転できるなど、可動部が多く自由にアングルを決めることができます。

唯一、不便と感じることはファインダーが覗き辛いということ。van1001t

私の場合は、ファインダーを覗いた時、接触はしませんがグリップの上部に顎がきます。

望遠レンズならファインダーが、手前によるので問題ないと思いますが、顔が長い人の場合・・・いらぬ心配をしてしまうのです。

カメラ位置を後部にずらすアダプターが、試してみたいと思うのは私だけでしょうか。

 

ガングリップに慣れると、3wayなど他の雲台の作業性がわずらわしく思えます。

更に言わせてもらえば、グリップにシャッターボタンがついているGH-300Tが欲しくなります。

 

VNGUARD(バンガード) Alta Pro 263AGH  GH-100  非常に満足度の高い商品です。

引き続き、気になることがあれば、書き足していこうと思います。