• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

THE NORTH FACE TELLUS PHOTO 40 ノースフェイス テルスフォト40

THE NORTH FACE  TELLUS PHOTO 40

ノースフェイス テルス フォト40

カメラと三脚が収納できるバックパックです。

 

oremono

ノースフェイス テルス フォト40 カメラバックカメラ用バックパックは、色々なメーカーから数多くの商品が販売されています。

その多くは、カメラの収納には優れているのですが、それ以外のものが収まりません。

つまり、旅行には使えない。

探していたバックは、旅行バックにカメラが収納でき取り出しやすいものです。

気になっていたノースフェイス テルスフォト40を駒ケ岳登山に持ち出してみたのでバックの評価レビューします。

40L(内カメラ収納部10L)

サイズ 67×29.5×21cm 2240g

カメラ収納部内部(14×24×16~20cm)は取り外しもできるので、1~3層へとレイアウトの変更ができます。

ノースフェイス テルス フォト40 カメラバック
テルスフォト40の大きな特徴、バックの両サイドからのアクセスとカメラ収納部分です。

サイドからアクセスできるのは大変便利で使い勝手が良いです。

収まっている収納BOXは、テルス40の形状に合わせてアールがついています。

強度もクッション性を持たせた柔らかな印象ではなく硬く強度を持っています。

ゆえに、このBOXだけでもそれなりの重量はあります。(取り外し可能)

仕切板2枚をマジックテープで固定する御馴染みの仕組みです。

片面には、クリーナー類とD7100にタムロン18-200mmをつけたまま収納。

この状態で反対側にはレンズ2本は収まるスペースがある。

(画像下:D3200と50mm)

ノースフェイス テルス フォト40 カメラバック

テルスフォト40は、サイドからのアクセスを邪魔しない背面中央に三脚を固定できます。

下部には、収納可能な受け袋が付いています。

ノースフェイス テルス フォト40 カメラバック

 

この三脚、バンガードAlta Pro 263AGH 雲台GH-100(2.65kg)は、持ち歩くことを考えて購入した訳ではでありませが、今回あえて持ち出してみました。

中央に固定した場合、背負った時のバランスが良いのですが、背中から三脚までの距離があるのでズッシリと重さを感じます。DSC_2349

登りはきつかったです。

この重さを考えると、肩パットはもう少しソフトで大きな方が良いと思います。

チェスとバックルにはホイッスルがついています。

 

DSC_2347

ヒップハーネスの両側には、ポケットがついています。

ちょうどスマホが収まるサイズです。

DSC_2355

リッド裏にはメッシュポケットがあり鍵などの収納ができます。

この裏にもポケットがあり、レインカバーが収納されています。

 

DSC_2383

 

レンズを沢山持ち歩方には、収納が少ないと感じると思います。

衣類をメインに三脚とカメラ1台をしっかり収納し、移動中でも直ぐにカメラを取り出し撮影したいという方には要望を満たしてくれる良いバックパックだと思います。

それなりの装備をすると、相当な重量になります。

ショルダーパットに、もう少し厚みが欲しいと感じました。

カメラあるなしにかかわらずサイドオープニングは便利。

 

ノースフェイス テルス フォト40は、イベントを利用すれば、このショップが最安値だと思います。

アイシーアイ石井スポーツで購入しました。

 

 

先日、日本一周中の方との会食に続き、世界を1年かけて旅した方とご飯を食べながら話を色々聞きました。

このバックを背負ってふらっとどこかに行きたい気分です。


 

更に使い勝手を考慮して、ノースフェイス エクスプローラー ノースフェイス カメラバック エクスプローラー

カメラバック を追加しました。

ノースフェイスエクスプローラーカメラバック評価レビュー

あわせてこちらも>全力妄想で登山とカメラについて考えた