• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

大沼公園 大沼国定公園 駒ケ岳

紅葉も終わった11月の北海道 大沼国定公園。

地元、森町(もりまち)から車で20分。

湖畔に浮かぶ小島と橋をつないだ散策路を写真を撮りながらゆっくりと散歩してきました。

湖面に映る雲が綺麗です。

bn-tabi

DSC_4573大沼国定公園の散策ルートは、コチラのサイトでダウンロードできます。

まるごと大沼/大沼国定公園

 

大沼公園有料駐車場ではなく、踏み切り近くの駐車場からスタートしました。

時期になると、この駐車場の正面で白鳥を見ることができます。

(白鳥台バードウォッチングポイント)

 

踏み切りを渡り湖畔へと向かいます。

月見橋を渡り、右折し散策ルートへ。

大沼公園 大沼国定公園 

DSC_4460

 

DSC_4478大沼の浮き小島をつなぐ橋は、色々な形があります。

風景にマッチしていると思いませんか。

 

湖畔には、漁船が・・・

大沼公園 大沼国定公園 大沼には漁業組合があり、わかさぎ、川えび、フナ、じゅんさい漁をしています。

DSC_4486

 

DSC_4467

四角い船は何?
DSC_4469
これは、船上レストラン。

湖上をクルーズしながら食事やティータイムが楽しめます。

 

紅葉が楽しめない分、鴨の群を見ることができました。

 

DSC_4520

 

DSC_4522大沼国定公園のメインとなる広場に着きました。

観光バスで来る方が必ず目にする風景です。

観光地の水辺といえば貸しボート。

遊覧船もあります。

 

 

DSC_4524

違う散策ルートに進みます。DSC_4529

先程までの策路に比べ、この辺は観光客も多いので随分賑やかです。

日本語ではない声でわいわいとしています。

観光ツアー参加者の集合写真もここで行われています。DSC_4550

この日、集合写真の見知らぬ人。

それは私です。(笑

紛れ込んでも分からないですね。

道幅も広く、舗装されているところも・・。

望遠レンズがあれば鴨も撮影できるのDSC_4564に。

木の葉がすっかり落ち、さびしいですね。

緑の多い時か、紅葉の季節に訪れたいものです。

その分、人では少なく静かに散歩を楽しめます。

DSC_4563

 

風景だけではありません。

樹木や花、そしてコケも楽しめます。

ところどころに、説明のプレートがあるので知識がなくてもそこそこ楽しめる。

 

そういえば、ありましたね。

「千の風になって」

この曲が生まれた地として「千の風になって」モニュメントがあります。

 

 

DSC_4535

 


大沼国定公園の散歩でした!

近所にこんなところがあるなんて

うらやましいでしょ!

DSC_4454

おまけ北海道 大沼国定公園 日暮山 駒ケ岳

直ぐ近くに日暮山展望台があります。

車1台が通れる整備された山道を車で登ります。

駐車場から徒歩で80m登ると・・・

駒ケ岳と大沼小沼が一望でき展望スポットです。

北海道 大沼国定公園 日暮山 駒ケ岳

 

【駒ケ岳と大沼の豆知識】

駒ケ岳は、元々は富士山のような形でした。

当時、標高1700メートルあった駒ケ岳が大噴火して山頂が崩落。

そして、今のような形になりました。

変わったのは、駒ヶ岳の形だけではありません。

噴火の際に、麓の川を泥流や岩がせきとめます。

そうしてできたのが、大沼、小沼です。

 

大沼といえば大沼だんご

二色、三色団子を一色団子にする裏技があります。