• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

オオナゴ燻製 小女子 こうなご

大女子(おおなご)の燻製です。

扱っているところが少ないので知名度は低いと思います。

脂がのっているので、食べた後は指が脂でべっとり。

硬乾しで独特の苦味と燻製の風味は、好き嫌いがはっきりと分かれます。

 

大女子(オオナゴ)とは、どんな魚なの?

標準名は、イカナゴ。

玉筋魚と書いてイカナゴです。(読める人は、魚通ですね)

日本全国で水揚げがあるのですが、地方によって呼び名が違います。

イカナゴ、カナギ、カマスゴ、メロウド、小女子(こうなご)、そしオオナゴ。

小女子(こうなご)が大きくなったものが、大女子(おおなご)で全長20~25cm程。

水揚げされた大女子(おおなご)は、主に養殖ハマチの餌として流通。

鮮魚として店頭に並ぶことはない(たぶん)ので、馴染みは薄いですがクギ煮と言えば

「ああ~」と声に出す方も多いのではないでしょうか。

おおなご燻製 スモーク

大女子(おおなご)燻製の食べ方

このままでもいいですが、皮をはいでスライスすると食べやすいです。

硬乾しのオオナゴ燻製を噛むと、脂がジュワー、独特の苦味と旨さが広がります。

 

北海道産の大女子(おおなご)燻製を通販でお届け!