• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

センチュリオン シクロクロス2000

センチュリオン シクロクロス2000は、入門機だからなのか補助ブレーキがついています。

前回のブログでも言いましたが、私は補助ブレーキを使わないので取り外しました。

結果、納車早々に汚れてもいな新品のバーテープを取り。

ブレーキアウターケーブルも引き直すという、なんとも無駄な労力と出費となったのです。

こういう作業も嫌いではないので苦になりませんがね。

さて、バーテープですが、センチュリオンシクロクロス2000納車時の物を気に入っていました。

厚みがあり、ソフトでグリップが良いものでした。

ネットでは、さすがに手触りを確認できないので、運を天に任せ ”ポチっ”

「これ、いいじゃん!」

同じような手触りに満足。

1巻き目はテンションをかけてしっかりと巻きます。

2巻き目は、クッション性重視で、程ほどのテンションをかけて、きれいに巻いていきます。

どうですか!均等にきれいに巻けてるでしょ!

センチュリオン シクロクロス

センチュリオン シクロクロス

エンドは、付属のKabutoロゴテープを使わずに結束テープを使いました。

 

 

このテープは、柔軟性、耐候性がありノリ残りが少なく使いやすいため車の配線処理で以前から使っていたものです。

普通のビニールテープだと、後々ノリで汚くなるので、このテープをお薦めします。

最後に、温風で仕上げれば凄くきれいになりますよ。

 

20150215-DSC_7481

ど~ですか!

均等な感覚で、いい感じに巻けていると思います。