• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SELLE SMP EXTRA

センチュリオン シクロクロス 2000 のサドルを交換しました。

サドルと相性が悪くて、色々なサドルを購入するも満足できず、また購入。

ロードバイク乗りがサドル沼にはまって・・・

こんな状況をサドル探しの旅と言うのだそうだ。

そんなサイトで紹介されていたサドル。

SELLE SMP EXTRA

セラ SMP エクストラ

この変わったデザインのサドルを試してみたくなりました。

もともとついていたものに不満はないのですが、あまりにも絶賛されていたので物欲が刺激されてしまったのです。

 

アマゾンの画像と評価レビューをみて気になっていたサドル。

いざ手にして思いました。

見た目だけなら

「やっちまったかな・・・」

 

SELLE SMP EXTRA

見た目なら形も色も交換前のものが好き。

でも、わざわざこの色にこだわって購入したのだからと思い続けていたら

「これもありか」と、おもえてきました。

SELLE SMP EXTRA センチュリオン ロードバイク

SELLE SMP TRKも候補にあがっていたのですが、横幅が大きい。

元々ついていたサドルと、長さ、幅がほぼ同じサイズということが、SELLE SMP EXTRAに決めた理由。

SELLE SMP EXTRA センチュリオン ロードバイク

正面からみるとこんなにもボリュームがあるSELLE SMP EXTRA

クッションが厚く、その厚さは2倍はあろうか

SELLE SMP EXTRA センチュリオン ロードバイク

レールが高いこともあるが、こんなにも違う。

SELLE SMP EXTRA センチュリオン ロードバイク

流れるデザイン。

両方捨てがたい。

 

取り付けですが、メーカーからSMPサドルのセッティング方法が紹介されました。

 

 

 

センチュリオン シクロクロス2000についていたサドルも微調整を繰り返し痛みは感じていなかったけど、どうしてもセラSMPを試してみたかった。

このユニークなデザインは、曲面で包み込みセンターホールは、男性の弱いところに負担を掛けない設計。

男性が自転車に長時間乗ると股間が圧迫されてEDになるといわれている。

それ以前に、サドルと相性が悪いとお尻やアソコが痛くてのってられない。

そんな悩みを解消してくれるサドルらしい。

 

実際に取り付けて、調整しながら使ってみた感想。

まだ、調整段階だけど、股間への負担は感じません。

サドルの座る場所を場面によって前後で使い分ける人には向かないですね。

なにせこのサドル

サドルの女王様が、「ここへお座り!」

「股間をここにあわせるのよ」

とばかりに座る場所が固定されます。

これは、いいかも。

もっと距離をのってみよう。

 

中央の穴は、水溜りではウォシュレットになるかも

 

股間と尻のポケットが非常によろしくないのは分かっているけどジーパンがメインという悪条件でツーリングしています。

 

 

SELLE SMP EXTRASELLE SMP EXTRA センチュリオン ロードバイクSELLE SMP EXTRA センチュリオン ロードバイク