• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

南茅部産 早煮昆布 真昆布

 

日本の昆布産地の大半は北海道です。

昆布産地の一つ南茅部産の真昆布は、朝廷や将軍家に献納していたことから「献上昆布」とも呼ばる上質な昆布です。

若い真昆布を収穫して乾燥させたものを「早煮昆布」として販売。

身厚で上質な出汁が出る真昆布に比べ、身が薄く柔らかいので食べる昆布として人気があります。

おでんや、つくだ煮、昆布巻きなどにご利用いただけます。

 

20151113-DSC_7757

 

おでん種の昆布は、出汁もでるし食べてもうまい名脇役。

 

20151114-DSC_7787

早煮昆布を刻み、シイタケと一緒に煮込んだ昆布のつくだ煮

 


昆布豆知識

表面の白い粉は「マンニット」という甘味の成分です。

使う時は水洗いせずに、濡れた布巾で軽く拭き取るといいでしょう。