• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

食品撮影の辛いところといえば・・・・。

もう、食べたくてしょうがないw

そんな気持ちを抑えながら淡々と撮影を行ったのは饅頭。

 

蒸し饅頭ということで、実際に蒸しながら撮影しました。

火を使う、湯気が発生する、写り込みを防ぐということから望遠レンズを使います。

 

 

例えば、肉を焼くシーンだと、油が跳ねるので50mmとか35mmだとレンズがやばい!

スプーンや食器に自分が映り込むこともありえるので、105mmを使っている訳です。

 

 

出来上がった写真を加工します。

文字にかかる湯気は、合成したもの。