• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

庭で三脚使って撮影。

カメラと花の距離がすごい近いので、マクロレンズを知らない方が見たら

何をしているのか不思議に思うのかもしれない。

 

まだまだ奥が深いであろうマクロの世界にちょっとだけ足を踏み入れたが

これは、やばいかもしれない。

面白い。

 

 

ファインダー越しに見るマクロの世界。

「こんな風になっているのか」

驚きの連続。

 

 

 

花弁との距離もぎりぎりまで寄るので被写界深度が浅い

ピント合わせがとてもシビア。

マニュアルでピント合わせするけど老眼には厳しい。

 

 

 

花と距離をとって被写界深度を深くするのもあり。

 

 

マクロ撮影で、ここまで寄るなら三脚は必須。

三脚は、センターコラムを外せるタイプがおすすめ。

かなり自由なポジション設定が可能。

バンガードの三脚の評価レビュー>>> VANGUARD Alta Pro 263AGH 三脚

レリーズもあればいいけど、今回はタイマー撮影。

 

カメラレンズ SIGMA シグマ 105mm F2.8 単焦点マクロレンズ