• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

go2画像を見ると、酒のつまみに見えますが、この鮭とばは無塩タイプ。

塩分が気になる方だけではなく、愛犬のおやつにもどうぞ!とオススメしている鮭ジャーキ。

実際、愛犬のおやつとして人気です。

おそらくこのまま食べていただいていると思うのですが、今回は違う食べ方を提案させていただきます。

愛犬の話題で多いのが健康についてです。 特に手作りご飯と、老犬の介護食について。

塩分がなく人も食べれる安心感から購入される方が多いのですが、実際に試してみて愛犬の食いつきに皆さん満足いただいているようです。

リピーターとして定期購入いただいている方も多いのですが、愛犬もおじいちゃん、おばあちゃんにになってくる。

正直、歯が弱くなった老犬には食べづらい

でも、気に入っているおやつなので食べさせたい。

そんな時、私がメニューに加えていたのがふりかけです。

小さくカットしてご飯に混ぜても、上手に選んでご飯を残してしまいますが、ふりかけなら全部食べてくれます。

 

 

ふりかけを作るには、調理器具が必要です。 フードプロセッサーと呼ばれるものです。

私が使っているのはこれ!

イワタニ ミルサー IFM-620DG

コーヒー豆を挽くのに購入したものです。

少量、短時間向き。

 

鮭ジャーキやニシンジャーキを細かくカットして、ミルにかければこの通り。

あっという間にふりかけの出来上がりです。

削り節のようで、量が多いほうは鮭です。 鮭の皮は、粉砕できないようです。

量の少ないのはニシン。

ミルの使い方で、お好みの荒さに調節できます。

このふりかけを普段のご飯に混ぜてあげれば、鮭やニシンだけを選んで食べる事が出来ないので、栄養のバランスを考慮した食事が可能となります。

 

 

go1

 

bn-aikenhana