• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

センチュリオン シクロクロス2000

春になったら近場の営業は、自転車を利用することにします。

かなり前から考えていたことですが、やっと、やっと購入しました。

長かった~。

oremono

ロードバイクも魅力的でしたが、未舗装路も走るのでシクロクロスを選択しました。

CENTURION cyclocross2000

センチュリオン シクロクロス 2000

評価レビューは、走りこんでからですね。

専門店が無いためネットショップを利用しましたが、問題がありました。

側面からの1画像に、スペック一覧表だけという情報の少なさ。

車種を決めるために色々なショップを見るのですが、どこもこんなありさま。

決して安くは無い買い物なのに、こんなことでいいの?

確かに、一番魅力を感じる写真といえば真横からのカット。

でも、もっと詳細画像が見たいよね。

そんなことを思いながらも、購入する方がいるんでしょうね。

ここにも一人いるけど(笑

だって、どうしようもないから。

 

同じ思いをしている方の為に、写真を撮ってみたので参考にしてください。

センチュリオン シクロクロス 2000

側面画像では、絶対わかりません。センチュリオン シクロクロス 2000

センチュリオン シクロクロス2000には、補助ブレーキがついています。

リフレクターもついていました。

ペダルは、別売りです。

雨にも強いディスクブレーキ。

キャリアの取り付けを想定したダボ付。

未舗装路でも頼もしい太めのタイヤ。

いい感じです。

画像はクリックすると大きくなります。

 

20150206-DSC_727520150206-DSC_728220150206-DSC_7295

 

 

 

センチュリオン シクロクロス 200020150206-DSC_7294センチュリオン シクロクロス 2000

 

 

 

20150210-DSC_736820150210-DSC_736420150210-DSC_7356

 

 

 

20150215-DSC_744320150215-DSC_747520150215-DSC_7452

 

 

 

 

 

個人的には、フレームのワンポイントカラーのブルーがいまいちだと思っています。

後付けしたパーツも写っています。

パーツ紹介ページでも画像を載せてあるので参考にしてください


 

20150210-DSC_7356補助ブレーキは納車前にショップで取り外しも可能でしたが、実物見るまで決心つかず。

結局、納車後に自分で取り外し作業を行いました。

ブレーキアウターケーブルとバーテープで3,000円位の出費。

新品のバーテープを使うことなく剥がす作業が本当に無駄に思えるし、手間でした。

ブレーキアウターケーブルは、ケーブルカッターではなく、ディスクグラインダーで、カット、仕上げを行いました。

ブレーキローターが当たっていたので調整も。

なんだか、楽しいわ~!

このブログ。

自転車ページ、確実に増えます。

他にも魅力的な機種がいっぱいで、悩みました。


 

追記

サイクルイベントに参加して感じたことがあります。

本当に速度を求めるなら、乗り手の技量も大きいので比較はできないけど、

普段練習もしないで、たまにイベントに参加して楽しみたい。

そんなレベルの私が、そこそこ速く走れる。

このグレードでティアグラが採用されていることが大きいと思います。

有名ブランドで、同グレードもしくは、ちょい上グレードで価格設定高めもいいですが、

この価格で、この満足感がえられた2000は、オススメできる自転車だと思っています。

 

やっぱり、はまりました!自転車色々記事も見てください。

タイヤ、サドル、ペダル交換。ジャージ、シューズ購入など