• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

021お腹がすいたので更新します。

さて、コレはなんでしょう??

買い物ついでに菓子コーナーへ。

とっても懐かしいものを発見。

子供の時のおやつの定番でした。

ちょっとパッケージは変わったような気がしますが・・・

020う~ん、懐かしい味です。

おそらく、北海道のほとんどの方は知っていると思います。<年代によるけど

「日本一 きびだんご」

団子という割には、長方形。

もちをオブラートで包んでいるののですが、オブラートがちょっと苦手、歯にねっぱるのもちょっと・・・。

【ねっぱる】くっつくって意味です。

きびだんごは自然な甘さです。

チョコレート好きの私には物足りないというのが、子供の頃の印象ですが、いつも食べていましたね。

おばあちゃんの影響ですね。

桃太郎のイラストが入っているので、単純に「ああ~、きびだんごね」という、認識で、遠足のおやつにコレがあると、桃太郎ごっこが始まるといった品。

名前の由来は、事が起きる前に備え団結して助けあうということで、「起備団合」として販売され、早々に「きびだんご」になったらしい。 製造は大正12年というから驚きです。

もち米が原料で、腹持ちの良さからとても重宝されたそうです。

一時は、腹持ちの良さから軍人の携帯食にもなっていたそうです。

現在だと、アウトドアブームにのって登山ショップでも売られているとか。

 

製造は、北海道七飯町(函館に近くです)、栗山町にも