• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

komai先日の出来事。

「これ何?」

「こまいだよ」

どうやら焼いたコマイを食べたことがないらしい。 と、言うのもコマイは珍味のイメージしかないということだった。

「旨いね~、旨いね~」

そう言いながら、2尾目に箸がススム。

魚には醤油のイメージだが、コマイには珍味同様、辛しマヨネーズでいただく。

身ほぐれの良い淡白な身、やや小ぶりな魚体なので酒のつまみに3尾はいけるだろう。

案の定、炙ったコマイは全て胃袋に収まる。

久々の集まりに私が差し入れしたコマイ。

まさか、こんなに珍しがって、喜んでくれるとは思いもよらなかった。

翌日、電話がきた。

「今日もコマイ食べたよー」

どんだけ気に入ったのよ。ニヤリ

 

コマイとは?>クリック