• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2013-07-11 18.46.32糠ニシンで三平汁を作ってみた。

糠ニシンといえば、表面の糠を流水で洗い流し、焼いて食べるのだが、実は、三平汁にして食べるもの旨い。

三平汁は、冷えた体を温める北海道の郷土料理。 作り方は、凄く簡単なので是非、献立に加えて欲しい。

 

 

三平汁とは

北海道の郷土料理で、塩引きしたニシン、鮭、ほっけを大根、ジャガイモ、人参などと一緒に煮込んだ塩汁。

三平汁の名前の由来

察しの通り、三平という名前の方が作ったという説があります。

北海道の奥尻町が発祥の地ともいわれている。

 

三平汁の作り方

【材料】

糠ニシン、大根、ジャガイモ、人参、水、塩

【作り方】

  • 糠ニシンの表面の糠を洗い流す。
  • ニシン、野菜をぶつ切りにする。
  • 鍋に水を沸騰させる。
  • 材料を入れ煮込む。
  • 野菜が煮えたら、塩加減を調整して出来上がり