• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

布袋様

旬の魚がスーパーで売っていたので購入。

本当は、もっと丸みのおびた姿なのですが、パッキンングされていたのでつぶれてる・・・。

20150216-DSC_6053

1~2月が旬の「ごっこ」。wara

またの名をホテイウオ(布袋魚)

名前の由来は、想像の通り。

布袋様のように、ふくよかな姿からです。

以前、登山した函館恵山近郊が有名な漁場で、ごっこ祭りも開催される。

 

ゴッコの体は、河豚の様に膨らみ表面はヌルヌル。

白身でタンパク、ゼラチン質がたっぷりなので、身はプルプル。

お腹には吸盤があり、この大きさでオス・メスを区別できるらしい。

小さいのがメスで大きいのがオス。

ごっこ 布袋魚 ホテイウオ ゴッコ

卵が珍味なのでメスが好まれるが、スーパーでは腹を下にパッキングされていた。

作戦か?


 

 

ちょっと小ぶりのものを選んだら、案の定オスでした。

食べたことはあるのでですが、自分で調理したことがありません。

今回が、初チャレンジです。

なんか、触るのが怖いです。

ヌルヌルでぷにぷに。

アンコウや河豚は平気なのに、ゴッコ(ほていうお)怖い。

吸盤が手に吸い付いたらどうしようとか・・・(笑

(あっ、もちろん生きていませんよ)

こんなに、怖い思いをするのは、サメ以来。


ゴッコ汁 調理レシピですが、熱湯をかけて表面のヌルヌルを取ります。

口先や吸盤をとり、白子、キモ以外の内臓は使いません。

コンブで出汁をとり、ぶつ切りしたゴッコ、肝、白子を入れます。

他に、大根やジャガイモ、豆腐などお好みで入れます。

(今回は、材料買うの忘れちゃいました)

煮えたところで、長ネギをいれ。

醤油、味醂、酒で味をととのえます。

ごっこ汁

身がぷるぷる~!

コラーゲン感が凄い!

かじるというよりしゃぶる感じで味わいます。

触るのは怖いけど、食べるのは好き。