• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

plプルーンといえば、ジャムやドライ製品を思い浮かべる方が多いと思います。

生プルーン産地以外の地域ではあまり店頭に並ぶ事がないので、知名度は低いと思いますが、生のプルーンを食べることもできるんですよ。

プルーンのドライ製品は苦手だけど生のプルーンは美味しいという方も多いので、まだ食べた事がない方には一度食べていただきたいです。

生産は、長野県が一番多く、次いで北海道、青森となります。

旬は、7月頃から始まり、産地は北上するので、北海道が一番遅いということになります。

北海道だと、9月下旬から10月中旬までが収穫時期となります。 短いですね。

 

甘酸っぱい香りと、ジューシーな生プルーンは、食物繊維や鉄分など栄養が豊富で貧血、高血圧、便秘の予防、美肌に効果で奇跡の果実とも呼ばれ女性に人気です。

 

 

pln002

pln003

pln007

pln008

 

 

プルーンの果皮についている白い粉はブルームと呼ばれる果実が作りだしたもので、農薬ではありません。 皮ごと食べるのが理想ですが、に気なる方は皮をむいてお召し上がりください。

実の表面のシワは食べごろ(熟した)の証。 また、果実と葉が擦れた痕がついているものも含まれますが、樹の上で熟成させている為にこのような状態になってしまいます。

 

毎年、生プルーンを楽しみにしている方が沢山いるのですが、強風で実が落ちたりと収穫が始まるまでは、内心ヒヤヒヤなんです。

今年は、沢山収穫があればいいなぁ~

 

北海道産 生プルーンはこちらでどうぞ!

シーズンに近づきましたら予約を承ります。

bn-pln