• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

鮭といえば、秋に獲れる北海道を代表する魚。

魚屋では、切り身がメインで魚体丸々の姿を見る機会は少なくなったと思います。

それでも年末は、新巻鮭の需要は高まり、贈答として人気は健在。

時鮭(ときさけ)ってご存知ですか?

 

グルメ番組でも随分紹介されているのでご存知の方も多いでしょう。

一般に鮭の漁期は秋。

ところが秋に獲れるはずの鮭が7月の時期外れる獲れる事があります。

この時に獲れたのが、”時鮭”、”トキシラズ”と呼ばれ重宝されます。

同じ鮭なのになぜ?

それは、旨さに違いがあります。

秋サケは4年魚が中心ですが、時鮭は1歳ほど若い鮭なので卵巣や精巣が成熟しておらず、栄養や旨みがしっかりと身に残っており脂ものっている。

だから旨いというわけです。

それにしても、「時を忘れた秋サケ」 時鮭とはよく名付けたものです。

ネーミングもうまいなぁ~

最盛期が、運動会シーズンとも重なることから運動会には時鮭入りのお弁当持参という方も多かったようです。