• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


以前に紹介したホタテ耳吊りのバイト。

そろそろ終盤にさしかかってきた。

休日なら学生のアルバイトもいるのだが、平日は学業があるので主婦がメイン。

「ホタテの耳吊りのバイトはどんな格好でやるの?」という質問があったので、写真でも撮ろうかと作業場を訪れたもの、皆さんシャイなんですよ。

全身撮影はNG(笑

漁師さんのようにカッパズボン(胴付)をはいている方もいれば、雨合羽のズボン、防水のエプロンの方もいます。

上着は、ジャージやトレーナ、ヤッケと呼ばれるナイロンの作業着ですね。

以外に薄着。

登山のアウトドアならムレ対策を施したものを使いますが、仕事着ならもっと安いもので充分です。

もちろん蒸れるのは承知の上です。

作業台に引っ掛けたりして、穴を開けることが多いから、高級品は不要。



稚貝と呼ばれる小さなホタテ貝にテングスを通して結びます。006

こんな作業を黙々とこなす。

そして、2年貝、3年貝と育てて大きくなったホタテが、あなたのもとに届くのです。

活ほたて貝 3年貝は、毎年11月下旬から2月初旬までの季節限定販売です。

 

ホタテに穴をあける作業。

以前はもっとシンプルなドリルで穴開けしていましたが、現在は、格段に機械の性能がアップしました。

コンベアにほたて貝をセットするだけで、連続して穴あけを行うスーパーマシン。

人で不足をカーバーしてくれます。

ちなみに、ホタテの稚貝で作ったみそ汁は凄く旨いです。

多くは流通していないので、食べる機会はほとんどないと思います。

これも、漁師の特権ですね。

 

活ベビーホタテ(ほたて稚貝)をお探しなら新鮮産直ネット