cya

無塩鮭フレークは、その名の通り無塩仕立て。

どうせ無塩で作るなら着色料や他の添加物も一切使用せずに作った特別な鮭フレークです。

無添加無着色、無塩なので離乳食、塩分を制限している方にオススメしております。

着色料を使用していないので色が、ひき肉のようになっていますが、これが本来の色だということを知っていただきたいです。

(鮭は、赤身魚ではなく白身魚です。)

味付けをしていないので、このままご飯のおかずとはいきません。

鮭の味を活かしつつ、自分好みの味で楽しむための無塩鮭フレーク。

今回は、その一例として鮭フレークチャーハンを作ってみました。

ご飯、鮭フレーク、卵、ネギ、マヨネーズ、中華だし、塩、胡椒。

熱したフライパンに、マヨネーズと無塩鮭フレークをいれ炒めます。

次いで、とき卵とご飯、調味料を加え炒めます。

今回は、更に鮭フレークのあんかけもつくりかけてみました。

見た目の工夫をしていないので、鮭あんかけ鮭炒飯は、華やかさがありませんが、味はまずまずです。

少し辛くしたり、具を加えたり工夫のしがいがあります。

 

今回は、無塩鮭フレークをつかって炒飯を作りましたが、他にも色々試しています。

マヨネーズと一緒に炒めて作る鮭マヨフレーク。

食べるラー油ともよく合います。

ヘルシー感を楽しみたいのであれば、ひき肉の代わりに鮭フレークを使い、ハンバーグや餃子はいかがですか。

無塩鮭フレーク