• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

kuti口取り菓子 年の瀬。 北海道のスーパー、コンビニの一画が凄く華やかになります。

その訳は、これです。

「口取り菓子」通称「口取り」

練りきりや羊羹、和菓子で、縁起物を模った華やかなお菓子が山積みされます。 写真は、スーパーで購入した小さなものですが、老舗和菓子店では、かなりリアルな姿の口取り菓子が売られています。

北海道では、正月に食べる御節料理の他に、口取り菓子を食べます。

縁起物を模した綺麗な菓子が、重箱に納まっている様子は、御節料理そのもの。

そんなことから、口取り菓子は、北海道の開拓時代に御節の材料が乏しい中での先人の知恵から生まれたものなのかなと、勝手に思っています。

 

ちなみに、我が家の正月の過ごし方ですが、大晦日におせち料理を食べます。

紅白歌合戦を見て、ころあいを見計らって子供たちは、お年玉をもらう。

そばを食べて年越しするのは、ありません。

何故なら、おせち料理をいっぱい食べて、お酒も飲んで、満腹感と、ほろ酔い加減で眠たくて・・・(笑

元旦は、お雑煮と御節料理。

雑煮は、醤油味です。

おそらくこれが北海道スタイルだと思うのですがいかがでしょうか?