• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

eibin1_001_07寒い季節の料理といえば鍋。

鍋料理に欠かせないものといえば土鍋。

手入れのこともあるが、普段は使おうとも思わない土鍋だが、寒くなるにつれて、「そろそろ出番か」という気分になってくる。

いつもならステンレス製の鍋で作る料理や、ご飯までもこの時期は、何故か土鍋を使うという不思議な行為。

ただ単に、私がおかしいのかもしれないが・・・。

土鍋アーティストと呼ばれる、職人 中川一辺陶の特集を『ソロモン流』で、見ました。

「なるほど、この土鍋でご飯を炊くと美味しいのか!」

と、関心しつつ今年は遅い土鍋気分が幕を開けました。

で、作ったのがこれ!

eibin1_001_05じゃ~ん!

「土鍋焼きプリン」

いきなり、土鍋っぽくないメニュー。

プリン好きなのは、以前紹介しましたが、土鍋で作るのはこれが初挑戦。

何故土鍋なのかというと、「土鍋焼きプリン」のネーミングが突然頭の中でループしちゃって(謎

よくあるんですよ、名前から始まる商品開発。

名前ありきの商品が・・・失敗作多数。

土鍋で、焼くプリンも初めてですが、更に、マロンソースがけという大胆な試み。

先に告白しちゃいます。

失敗しました~。

当初の予定はこんな感じ。

どうせ鍋で作るんだから、見た目 「うどん」 みたいなフェイクなプリンを作ろうと思っていました。

普通に、プリンを作って。

その上に、うどんに見立てたマロンクリームを絞って(モンブランケーキのイメージ)から

うす色のカラメルソースをたっぷりかければ、うどんのつゆに見えるでしょ。

「土鍋焼きプリン 見た目うどん風ウケ狙い」を目指していた訳です。

いざ作ってみたら、マロンソースに生クリーム入れ過ぎ・・・とろとろすぎる。

落胆。

最初は、こんなものか・・・

材料

プリン液

  • 卵・・・4個
  • 牛乳・・・400ml
  • グラニュー糖・・・50g
  • バニラエッセンス・・・少々

マロンクリーム

  • 栗甘露煮・・・100g
  • 牛乳・・・・・・・50ml
  • 生クリーム・・・・適量

プリンの作り方

  1. 鍋に牛乳、砂糖を入れかき混ぜながら砂糖が溶けるまで中火で加熱
  2. ボールに卵をとき、1.と混ぜる
  3. 土鍋の内側に、バターを塗り、2.をこしながら入れる。
  4. 土鍋に蓋をし、弱火で13分加熱。
  5. 火を止め、余熱で火を通す。
  6. 冷やしてプリンは出来上がり。

マロンクリームの作り方

  1. 栗甘露煮をうらごしする。
  2. 鍋に牛乳と1.を入れ混ぜる
  3. 生クリームを適量入れ、クリームの硬さを決める

冷えたプリンに、マロンソースをしぼり、カラメルソールをたっぷりかけて見た目うどん風プリンの出来上がり

冷えたプリンに、とろとろマロンソールをかけて、ピュピュピュとカラメルソースかけて、いたって普通のプリンの出来上がり。

 

豆知識・・・茅部栗ってご存知ですか?>>>>詳しくはここ