• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

北海道森t町 茅部栗秋の味覚といえば栗!

栗も品種があって、丹沢や利平、筑波、銀寄辺りが有名ですね。

地元 北海道茅部郡森町には、昔、栗林がありました。

その歴史は古く森町内の縄文時代の遺跡からは、炭化した栗の実が発掘されており、古代から栗が生息し、人々の食物となっていたことが証明されています。

しかし、栗林は森港桟橋の脚材利用のための大量伐採や鉄道の枕木、薪炭材等にも利用されるなどほとんど絶滅。

北海道森t町 茅部栗北海道森町 青葉ケ丘公園 栗拾い現在の青葉ヶ丘公園に130数本(うち、50数本が樹齢200年を超える老木です)が残っています。

茅部栗として親しまれ、町の木でもあります。

 

収穫時期になると沢山の方が青葉ケ丘公園、オニウシ公園で栗拾いを楽しkuri03んでいます。

茅部栗は小粒で甘みが強いのが特徴です。

 

栗を拾いながらの散歩もいいですね。

 

kuri1


20151106-DSC_3532

現在の森桟橋跡(JR森駅近くの海岸)

桟橋の脚材には、茅部栗の木が使われている。

波の穏やかな時には、朽ち果てた脚材を確認することが出来る。

石碑は、明治天皇御上陸碑