• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ほたて 北海道ホタテの目 CMでも紹介されて初めて知った方も多いと思います。

ホタテ貝のヒモと呼ばれるところに黒い点が80~100個くらいあるのですが、それがホタテの目です。

目といっても、

動物や魚のように見てわかるものではないので分かりませんよね。

ホタテはこの目で何を見ているのかといえば、光を認識するくらいと聞いたことがあります。

センサー見たいな役割でしょうか?。

貝殻を閉じてしまえば、それこそ目を閉じた状態だし

移動の際は、貝殻をパカパカやって後方に泳ぐ?

つまり背泳ぎ見たいなもので、進行方向の情報を得ていない訳で・・など

※実は、貝殻をパクパクやりながら前方へ移動します。

貝殻のちょうつがいの脇から海水を噴き出して移動するのです。

なんだか、色々想像しているうちに

ホタテ貝の生態にちょっと興味がわいてきました。