• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

nisin1身欠きニシン

北海道では春になると海が産卵の為、白くなるといわれるほど、ニシンの豊漁に沸いた時期があった。

地域の経済効果は高くのそ名残として鰊御殿が残っている。

冷凍技術がない当時、大漁のニシンは加工し乾燥させることで価値をつけ、日本各地に流通する。

それが、身欠きニシンです。

昔ながらのシンプルな製法なので、愛犬のおやつとしても紹介しています。

新鮮産直ネット愛犬のおやつニシンジャーキ

身欠きニシンで甘露煮を作ってみた!

nisin2米のとぎ汁で一晩つけてもどす。

お湯を沸かしやわらかくなるまで煮る。

別鍋で作った汁で更に煮込んで出来上がり。 雑誌を見て作りましたが、まあこんなもんかな:)

 

  • 身欠きニシン・・・100g(10本)
  • 醤油・・・・・・・・・・大さじ3
  • みりん・・・・・・・・・大さじ2
  • 酒・・・・・・・・・・・・大さじ1
  • 砂糖・・・・・・・・・・大さじ6
  • 水・・・・・・・・・・・・120cc

 

ところで、なぜ米のとぎ汁を使うかわかりますか?

米のとぎ汁には、脂質を吸収する成分が含まれております。

この成分が、表面の酸化した脂質を吸収し、身欠きニシン特有の臭みを取り除くというわけです。

他にも、大根のあく抜きにとしても米のとぎ汁を使いますよね。

この効果は、食べ物に限らず、人の肌にも同じ事が言えます。

洗顔に使えば、シミ、そばかすをなくし美白効果に有効で、風呂に入れれば肌がつるつるになると評判です。