• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

canon産直のネットのコンテンツは、業者に頼むことなく自分で作っています。

当然、写真も自分で撮影します。

撮影なんて言うと、照明等の設備があって高級な一眼レフでバシバシなんてイメージをもたれるかも知れませんが、ここ数年の写真はこのカメラで撮影されたものです。

 

oremono

 

「充電式ではなく乾電池仕様で、接写に強くて安いカメラはどれですか?」

家電ショップでこのリクエストで紹介されたカメラが、CANON パワーショットA2000IS。

これまでに、オリンパス、サンヨー、フジ、カシオ等のコンデジを使ってきたのですが、このCANON パワーショットA2000ISが一番のお気に入り。

カメラについては詳しくないので、うんちくが語れないのですが、撮影した写真の色具合が自分の好みです。

メーカーによっては、接写が苦手だったり、色がさめていたりとがっかりすることも多かったのですが、このカメラだとがっかり率が極端に少ない。

基本撮影はAUTOです。

自分で設定することはありません。

せいぜい、マクロとフラッシュのON/OFF位。

撮影する様子もシンプルです。

照明ももっていないので、太陽待ちです。

「今日は天気がいいから撮影しよう」といった具合。

事務所の机に、素材をおいて背景が入らないようにマクロで接写!

食材を箸でつまんで、空いた手でシャッターを押すなんて荒業も・・・

よくぶれないで撮影できたと関心します。

以前、撮影している最中に知人が来て、驚いてましたね。

「え~、いつもそんな感じで撮影してるの?」

私も、できれば見られたくなかった・・・恥ずかし

「撮影は、一眼レフの方がいいですか?」と聞かれることがありますが

そんなことはないということがおわかりいただけたでしょうか。

 

最後に、撮影は太陽の位置関係で昼時が多いです。

なので撮影後に試食という名のお仕事が始まるわけですが、注意があります。

撮影した写真を確認してから食べること!

食べた後に、確認したらピンボケだったと事が数回あります。

 

CANONの豆知識

カメラの最初の試作機は「KWANON(カンノン)」と名づけられそのロゴマークが想像もつかないようのうな凄いデザイン。HP参照

後に、世界で通用するブランド名ということで「キヤノン」(Canon)になったわけですが、キヤノン」の発音が「観音=カンノン」と似ているため、名称の交替は違和感なく行なわれました。