• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

man3お腹がすいたので更新します。

中華まんじゅうといえば、ほかほかの肉まんやらあんまんを連想しますよね。

先日、和菓子談議のなかで中華饅頭の話題があり、懐かしくなって購入。

man2

以前、テレビでも紹介されましたが北海道で中華まんじゅうといえば、これです。

大きなどら焼き見たいな和菓子。

中華でなく中花と書かれる場合もあります。

葬式につきもので、仏壇にお供えものとして定番品です。

そんな訳で、子供のころは葬式まんじゅうとも言っていたけどこれは私だけかな?

man1どら焼きに比べ、皮は硬めで、練り餡がぎっしりと詰まって重量感たっぷりのお菓子です。

ボリューム感があるので、子供が1個を食べきるのは難しいかも。

コンビニでも売っています。

この中華まんじゅうですが、北海道限定ということをテレビで知って驚いたのですが、実は北海道だけではないという事実を最近知り、更に驚きました。

最近は、仏壇のお供え物も様変わりしたのか、中華まんじゅうを見る機会、食べる機会がめっきり減りました。

おそらく、中華まんじゅうで、このお菓子を連想するのは中高年だけではないかと思います。