• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

いかの刺身!旨いですよね。

地元では、イカの刺身には特別なこだわりがあります。

この話は後日ということで、いかの鮮度保持の話。

釣好きの方に実践してもらいたい方法です

それは・・・・。

ご存知の通りいかは、水揚げから時間がたつと、

透明>>茶色>>白と表面の色が変わります。

画像 098

イカを刺身で食べる場合ですが、

白く変わっていく過程で歯ごたえが柔らかくなり甘みが増してくるので

これはこれで旨い。

ですが、透明で鮮度の良いものを食べたいというのが、地元のあたりまえ。

ただ、水揚げされる地元だからこそできる、当たり前の話ですよね。

釣好きの方で、イカ釣りして家に持って帰る場合。

釣ったイカをつぼ抜き(胴体からごろつき足を抜く)することで

鮮度のもちが変わります。

つぼ抜きした方が、通常に比べ2倍近く鮮度低下のスピードが緩やかになるそうです。