• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

san01

秋刀魚(さんま)の美味しい季節。

名前に「秋」がついているくらいですから、これはもう秋の味覚の代表格と言っても良い。

庶民の魚と呼ばれて、安くて旨い秋刀魚。

 

秋刀魚の刺身は、好んで食べません。(ちょっと怖い)

薬味の胡椒や一味唐辛子を使うなど驚きの食べ方も存在する。

一番好きな食べ方は、塩焼き。

san02

生の秋刀魚に塩を振って一晩馴染ませてから焼いたものが旨い。

大根おろしとの相性も抜群。

同様に秋刀魚の糠漬けも美味しい。

ただ、焼き秋刀魚は、どうしても焼いた時の匂いと後片付けが難点。

グリルの掃除って億劫ですよね。DSC_3177

そんな方は、クッキングシートを敷いてフライパンで焼くのが良いですよ。

シートが秋刀魚の脂を吸いながら焼いてくれますが、それでも脂が多い時は、別のシートで脂を吸わせます。

そうすれば、表面もカリッと焼けるし、煙で臭くなるのも緩和できます。

何より後片付けが凄く楽なのがいいですね。

 

san03脂ののった秋刀魚なら煮付けも旨い。

腹のところがとろとろでうなぎのような食感。

とくれば、蒲焼も食べたくなる。

竜田揚げも捨てがたい。

考えただけで、お腹がすいてきた。

さすが、庶民の魚。

食べ方も色々だ。