• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

活ホタテを北海道から通販でお取り寄せ 新鮮産直ネット

活ほたて貝 殻つきを頂いたのは良いが、調理の仕方が分からない。

そうですよね。

仕事でもない限り、貝殻をはずす機会はありませんよね。

そんな方も多いと思うので、貝殻の外し方を説明します。

 

 

活ホタテを北海道から通販でお取り寄せ 新鮮産直ネット

器具は重要。

包丁なんて危険極まりないです。

ホタテ専用のむきヘラを使いましょう。

量産品ならお手ごろ価格です(コチラ)。

なければ、洋食用のナイフを使います。

貝殻を持つ手には軍手をはくとより安全が増します。

 

活ホタテを北海道から通販でお取り寄せ 新鮮産直ネット①貝殻の側面に隙間があります。

そこからヘラをいれます。

ヘラの先端を貝殻に沿うように押し付け貝殻と貝柱を切り離す。

【豆知識】貝殻の側面の穴から海水を噴出すことによってホタテは泳ぎます。

 

活ホタテを北海道から通販でお取り寄せ 新鮮産直ネット②これで、片方の貝殻が外れます。

外れた貝殻に注目してください。

貝殻に、柱の切れ端がついていません。

ほたてのヘラを使うと、安全かつきれいに処理することができるのです。

 

活ホタテを北海道から通販でお取り寄せ 新鮮産直ネット③もう片方の、貝殻と身の間にヘラをいれ切り離します。

食べることができるのは、貝柱、ひも、卵です。

ウロ、ヒダは、食べません。

刺身を作る場合、可食部を手で分けます。

 

活ホタテを北海道から通販でお取り寄せ 新鮮産直ネット④ひもは、塩もみし包丁などで表面の汚れを削ぎ落とします。

【豆知識】ホタテの卵が赤いのはメス、白いのはオス

分かる人には、分かりますが味や食感はほぼ同じです。

流水で洗い、水分をふき取り調理します。

 

20141229-DSC_5935

ホタテ加工のプロは、こんな方法で処理します。③の工程が違います。

片側の貝殻をはずし、貝柱だけ残して全部取ります。

最後に貝柱を殻から切り離す。

貝柱を大量に剥くには、コチラの方が早いです。

 

 

帆立貝【豆知識】ほたてのヒモには無数の黒い模様がある。実はこれがホタテの目。その数80~100!。

 

 

 

活ホタテを北海道から通販でお取り寄せ 新鮮産直ネット

ほたて貝を刺身にする場合、貝柱の切る方向は?

どちらでもかまいません。

縦に(繊維に沿って)切ると歯ごたえが楽しめます。

活ホタテを北海道から通販でお取り寄せ 新鮮産直ネット

帆立(ホタテ)貝の人気レシピといえば、ホタテバター焼き。

フライパンにバターをいれてから火に掛け、バターが溶けたところでホタテをいれてソテー。

 

bn-hotatekatu600