• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

konnbuお腹がすいたので更新します。

北海道森町の和菓子といえば

 

昆布もなか

 

気になる中身を撮影したのでご紹介。

サクッと美味しい最中の中にはあんこがたっぷり。

その餡をみると、黒っぽい小さなぷつぷつが見えます。

それが昆布です。

昆布は、うまみ成分が豊富で、その旨みが食の満足感を与えてくれます。

このうまみは日本人独自というか、日本人が昆布から発見したものらしい。

旨味の正体は、昆布に含まれるグルタミン酸。

昆布出汁をつかった料理は、さっぱりしているのに、食べた後の満足感が大きい。

体に良い、肥満防止効果もあり栄養価の高い和食は、とてもヘルシーというイメージで海外でも人気。

そのヘルシーさは、昆布のだしが決め手だと思っています。

そんな昆布をつかった和菓子 昆布もなかですが、一味違うあんこの旨みが脳に焼きつくのかなぜか、無性に食べたくなる時がある。

実際に、年に数回は昆布もなかを必ず食べている。

奇抜さを狙った代わり菓子ではありません。

昭和20うん年に、まだ私が生まれる前から、作られている歴史ある 昆布最中。

森町生まれの方!通販で購入できるようになりました。

懐かしいでしょ。

 

ご注文待ってますね。