• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

無塩鮭フレークを使った鮭あんかけ粥 離乳食レシピ

無塩鮭フレークを使った鮭フレークのあん。

7倍粥に、この鮭フレークあんをかけて離乳食にどうぞ。

7,8月中期からの離乳食メニューに、お薦めする食材の無塩鮭フレーク。

だし汁に鮭フレークを加え加熱し、水溶き片栗粉でとろみをつけます。

このあんを7倍粥にかけるだけ。

どうですか、無塩鮭フレークを使った鮭フレークのあんは色々使えそうでしょ。

 

これは、豆腐に無塩鮭フレークのあんをかけたもの。

他にも、うどんや煮野菜にも使えますね。

無塩鮭フレークを使った鮭あんかけ豆腐 離乳食レシピ


 

 

赤ちゃんに、体に優しいフードを食べさせたい。

そんなママさんの期待にこたえる無塩鮭フレークです。

 

無塩鮭フレークをお薦めする五つの理由

  • 無添加無着色である
  • 塩を使っていない
  • 北海道産 沖獲り天然秋鮭を使用
  • 業務用パッケージなのでお買い得
  • 調理の手間を軽減

 

■鮭は白身魚なのです

鮭のイメージといえばきれいなサーモンピンク。

でも、それは食べている餌の影響です。

実は、鮭は白身魚なのです。

どうしても赤い色のイメージがあるため、売れる商品は赤いもの

つまり、市販の鮭フレークは、着色されているものが多いです。

無塩鮭フレークは、無着色です。


 

■美味しさの決め手は塩ですが・・・

多くの鮭フレークは調味料が使われています。

でも、調味料に敏感な方の為に、無添加無着色の鮭フレークも多く販売されています。

しかし、美味しさの決め手は塩味です。

大人が食べて美味しくても、肝臓や消化機能が未熟な赤ちゃんには、濃い味付けは負担になります。

塩分は湯通ししても取りきれません。

無塩鮭フレークは、添加物を一切使用しておりません


 

■美味しい鮭は、沖獲り

鮭は、川で生まれ海を回遊し、川に戻ります。

川に遡上する鮭は、餌も食べないので身は白く、栄養価もよくありません。

一番美味しく、栄養が高いのは川に遡上する前の沖獲りの鮭です。

着色料を使わずに、この色が出せるのは、良質の鮭を使っている証です。


 

■業務用だからお買い得

小分けすると、資材や人件費の影響で商品単価が上がります。

使い切りではありませんが、無理の無い量で、お届けすることで経費を削減しお買い得になります。


 

■調理の手間を軽減

無塩鮭フレークをご自分で作る場合。

塩分が気になるので、切り身は使えません。

生の鮭や刺身用の鮭を使うことになります。

これでは、割高になりますし、手間がかかります。

無塩鮭フレークを使えば、その調理時間を可愛い赤ちゃんと過ごせます。

何かと忙しい、ママさんを応援できると思っています。


 

素材の良さが引き立つ良質の鮭を使って無添加無着色

しかも、無塩で作った自然派志向の鮭フレーク。

良質の北海道産沖獲りの鮭だけで作った無塩鮭フレーク

原材料は、鮭だけです。

 

bn-sakef01